横浜の美容外科で新しい自分を見つけよう│コンプレックス解消

ウーマン
  1. ホーム
  2. 言い訳をして乗り切る

言い訳をして乗り切る

医者

女性で整形をする人は少なくありません。このことは、横浜だけでなく全国にいくつも美容外科があることが証明しています。沢山の美容外科があるだけ患者の数も多いといえるでしょう。中には、横浜の美容外科が行きつけというお金持ちの人で成り立っているところもあることでしょう。しかし、プチ整形の需要の高さから考えれば、利用者は多いと考えた方が自然だといえます。横浜の美容外科などで整形を受けた後は自分の口から整形を受けたという話をすることはまずありません。大体は隠します。特に整形するので多い部位は目です。一重から二重にする人や二重の幅を広げ並行二重にする人がいます。このような人たちは、整形をしたことを隠すために、様々な言い訳を考えなければいけないでしょう。そこで使える言い訳として寝不足が挙げられます。寝不足は誰でもするものです。何かに夢中になっていれば、それを理由にして1週間は言い訳として使えるため、重宝する言い訳だといえます。好きな映画を夜遅くまで見てたことや好きなアニメを全話見てたというように、自分が好きな物をネタに使うことでいざ、なぜ寝不足になったのかを聞かれた時に難なく対処することができるのです。アニメを全部見た、漫画を全巻読んでいたというような言い訳を使いこなして目の腫れが引くまで持ちこたえましょう。もしこの言い訳が通じそうにない場合は、違う言い訳を使いましょう。目で関連することといえばものもらいがあります。ものもらいで目が腫れてしまったといえば相手もそれは気の毒にという目で見てくれるようになるのです。この哀れみの感情を起伏させることでこちらの味方に付けることができれば、後は中々病院に行けなくて治す機会がないというような話をして巧みに乗り切りましょう。ここでさらにアニメや漫画のネタを持ってくるという手もあります。ここで大切なのは、とにかく相手に同情させることだといえるでしょう。整形と関連するイメージから極力離すような話と感情を持たせることで、整形だと悟らせないことができます。もしあまりにもしつこい人がいる場合は、奥の手を出すしかありません。その奥の手とは「原因が自分でもさっぱり分からない」というものです。相手にしつこく聞かれた時に、「実は自分でも理由がまったく分からないんだよね」といっておけば相手もこれ以上突っ込むことがなくなります。原因不明の謎の症状として話を完結させてしまえば、後で笑い話に持っていくことができることでしょう。もし良い言い訳が思いつかない場合は、横浜で施術を担当してくれた医師に何か良い方法はないか相談してみるのもありです。もしかしたら腫れを早めに引かせる薬や、腫れを目立ちにくくしてくれる薬を知っているかもしれません。