横浜の美容外科で新しい自分を見つけよう│コンプレックス解消

ウーマン
  1. ホーム
  2. リバウンドのリスク

リバウンドのリスク

婦人

顔の美容整形を受ける場合に、脂肪吸引を希望する人もいます。顔にも脂肪がついていき、徐々に丸みを帯びるのです。変化は顔が丸くなるだけでなく、大きさも変わってしまいます。小顔に憧れる女性にとっては、顔が大きくなるのは最悪なことだといえるでしょう。ですから、顔の脂肪吸引を希望するのです。特に顔に脂肪がつきやすい人は、少し太るだけで顔がパンパンになってしまいます。その問題を解決するためにはダイエットか脂肪吸引しか手がありません。仮にダイエットに成功したとしても、リバウンドが怖いです。しかし、脂肪吸引であれば、リバウンドのリスクがかなり低くなるどころか、脂肪がつきにくい体質へ変わります。この理由は、脂肪細胞は増えるのではなく膨張するという特徴から知ることができるでしょう。脂肪細胞は一度吸引して取り除いてしまえば、また増えるのにかなりの時間がかかるとされているのです。ですから、横浜の美容外科で顔の脂肪吸引を受けてみましょう。他の地域にお住まいの人は、横浜の美容外科以外で脂肪吸引を受けても特に問題ありません。しかし、横浜の美容外科には優れた医師が多くいるので、医師はちゃんと選びたいという人は、横浜まで足を運んで見ましょう。美容外科で脂肪吸引の施術を受けた後は、顔に小さな傷ができると心配する人もいますが、脂肪吸引をする際は特に注意して施術が行われるので安心してください。傷を作る部分も顔ではなく耳の裏などの目立ちにくい場所なので心配は無用です。他にも顎の下を切開してするという手もあります。普段は正面から向き合い人と会話をするため、顎の下などはまず見ることはありません。また、女性の場合は身長が男性よりも低いため、男性に顎の下を見られるという事がまずないのです。このことから、顎の下は非常に傷が目立ちにくいポイントといえます。顔の脂肪吸引をするのにかかる手術時間は30分前後です。頬と顎の両方の脂肪吸引を希望している人であれば、1時間は見ておきましょう。ちなみに1つだけしっかりと知っておいて欲しいのが、手術後の3週間ほどは以前よりも顔が腫れてしまうということです。特に最初の1週間は不自然な腫れ具合であるため、その変化は周囲にも気づかれやすいです。ですから、できるだけ人に会うことは避けた方が良いでしょう。2週目は、知人に会っても不自然だとあまり思われなくなるまで腫れが落ち着きます。顔の痛みも落ち着き始めることでしょう。3週目になりようやくいつものレベルにまで落ち着いてきます。ちなみに効果をハッキリと実感するのは、手術から1ヶ月後です。もし、1ヶ月経過しても効果が実感できない場合は、何かしらのトラブルが発生している可能性があるので、かかりつけの医師の元へ行き相談をしに行きましょう。